MENU

冬の髪ダメージって?

 

 

CMでサラサラヘアをなびかせてる女性を見ると、
すーーーごく羨ましいですよね〜!

なんであんなに髪の毛サラサラでいられるんだろう?

 

特に冬!私、結構パサパサするんですけど(汗)


 

 

うん、やはり普段の生活習慣もそうですし、
髪にダメージを与えないよう気を使っているんでしょうね。


 

乾燥による毛髪ダメージ

 

 

空気が乾いた冬は、髪がパサつきがちですねよね?
あと、頭皮のカサカサが気になったり。

 

髪と頭皮の乾燥は、
ダメージがダメージを呼ぶ悪循環につながります(汗)

 

なので早めに早めに、対処することが大切!

 

 

 冬の髪のダメージ

 

健康な毛髪は、12〜13%の水分を保持してます。

 

毛髪の水分が7%をきると、
表面のキューティクルが剥がれ、ダメージヘアへまっしぐら!(汗)

 

キューティクルが剥がれた部分から、
毛髪の内部の水分までが出てしまい、さらにダメージが悪化…。

 

 

 冬の頭皮のダメージ

 

健康な頭皮の内部には、30%の水分が含まれています。

 

皮膚表面の角質層は0.02mmという薄さです。
かなり薄いですよね!

 

これだけの薄さにもかかわらず、15〜20%の水分を保持し、
外部の刺激を緩和してくれてるんです(驚)

 

角質層に20%の水分があると、
女性な誰でも言われたい「うるおいのある肌」と言えます。

 

水分が10%以下になると、「乾燥した肌」となっちゃいます。

 

 

 

髪の乾燥よりも、頭皮の乾燥のほうが要注意!なんですよ。


 

 

頭皮が乾燥すると、バリア機能が失われ、
かゆみ、フケ、炎症などが起こります。

 

結果、髪を生み出す毛根が損傷し、抜け毛、薄毛の原因に…。

 

 

乾燥から髪を守ろう!

 

空気の乾燥

 

冬の室内は乾きがち!

 

エアコンの使用で空気がカラカラ状態ってことはザラです。
当然ながら、髪や頭皮の乾燥は進んじゃいますね。

 

エアコンの風が直接当たらないように注意するとか、
加湿器を使うとか、髪を乾燥から守る工夫をしましょう!

 

 

静電気

 

乾燥しているところでブラッシングすると、
摩擦で髪が静電気を起こします。

 

静電気が起きると、強い電流が流れることがあって、
それが髪の表面のキューティクルを傷つけ、
ダメージヘアが進行しちゃいます。

 

 

勘違いの「うるおい」補給

 

乾燥してるなって思ったときに、
髪に水をシュシュっとスプレーする方を見かけたことがあります。

 

コレ、逆効果になることがあるのでやめましょう!

 

一時的にうるおった感はあるんですが、
体温で水分が蒸発するときに、
内部の水分を一緒に蒸発させてしまうんです。

 

髪のうるおいは、
内部に閉じ込めることが大切ですよ!

 

 

冬の髪ダメージは、乾燥が大きな原因のひとつ。

 

乾燥から髪を守るためにも、
保湿効果のある育毛剤を使うのは効果的です。

 

 

 

乾燥は薄毛を進行させるんですね。

 

髪、頭皮のうるおいを保つように気をつけなくちゃダメですね!